製品情報

  1. トップ
  2. 製品情報
  3. バス乗降客カウントセンサ PASSENGER COUNTER

バス乗降客カウントセンサ PASSENGER COUNTER

PASSENGER COUNTER(パッセンジャー カウンター)は 画像処理方式により、今までの製品と同様の高いカウント性能、コンパクトなサイズを実現しています。

一般にバスの乗降人数を測定する方法として横張り式のビームセンサが利用されていますが、 乗客が重なるとカウントできない、荷物でカウントするなどの問題が多くありました。 またノンステップバスの普及により扉の近くに立ち止まるお客様が増え、カウント誤差が大きくなる問題が増えています。

PASSENGER COUNTER「バス乗降客センサ」ではこのような問題を解決し、高精度・安定した精度のカウントを提供します。
センサ自体は単眼式カメラによるコンパクトなサイズですので限られた場所でも取付が容易です。 また明るさ変動の影響を受けない独自の画像処理技術により、バス車内でも安定して1人ひとりを 認識し正確にカウントする優れた性能と、振動や電源変動への耐環境性を持っています。

システム構成図

バスコントローラーと車載機器を接続し、乗降客カウントを車載機器で記録します。

PAGETOP

特長

乗車客・降車客を別々にカウント

前扉、後扉に設置するセンサは、それぞれ乗車、降車の方向別にカウントしますので一斉乗車 一斉降車も把握できます。

2人同時での乗降もカウント

二人同時に乗り降りされるような幅広扉でも1台のセンサで対応できます。

安定した高精度95%以上

実車(推奨環境)での平均精度です。
※精度は設置環境や乗降状況により変わる場合があります

生画像の出力

カメラ映像出力を用意していますので、見え難い中扉(後扉)の状態を画像で確認したりドライブレコーダーに録画することができます。

PAGETOP

認識とカウント

PAGETOP

センサの取り付け

PAGETOP

Q&A

何をするセンサですか?

バスの乗降人数を計測する人数カウンタです。
現金、定期券、福祉乗車券、割引乗車券に関係なく、すべての利用者をカウントします。

何に使いますか?

バスの利用状況や混雑が把握できるようになります。
どこの停留所で何人乗り、どこで何人降りたか、どの時間帯、どの路線、どの区間が混雑していたか、を把握しダイヤの最適化に活用できます。

どんなセンサですか?

センサ(カメラ)を乗口、降口の車内天井に取り付けます。
小型で目立ちません。簡単に取付できます。
1台のセンサで乗車と降車を方向別にカウントします。

性能や精度は?

混雑した状況でもカウントします。
夜間の乗り降りもカウントします。
幅広扉も1台のセンサでカウントします。
降りる人、乗る人が同時にすれ違っても乗車、降車を別々にカウントします。

カウントセンサの構成は?

センサ2台とバスコントローラ1台のシンプルな機器構成です。

カウントセンサの操作は必要ですか?

電源ONですぐ動作します。
機器の操作や設定は必要ありませんので運転手さんに負担をかけません。

PAGETOP

資料ダウンロード

※データをダウンロードされるにはご利用登録が必要になります。

PRODUCT MENU

PAGETOP