SOLUTION私たちが提供する製品・サービス

バス(交通機関)での活用乗客や車輌の数を計測・把握し、運営に活用

各駅、バス車内の状況を数値化
運営に必要なデータを提供

快適な車内環境を作る一環として、混雑状況の把握が重要になります。
各車両の混雑状況や空いている時間帯を数値化することで、運営の見直しや、乗客に対し混雑しやすい時間帯の情報共有が可能です。

各駅、バス車内の状況を数値化 運営に必要なデータを提供

活用例

運行ダイヤの最適化に

運行ダイヤの最適化、サービスの向上

バスの乗降口天井に設置したセンサにより、乗降客数を自動カウント。
現金、定期券、ICカードなどの支払い方法関係なく、どの駅でお客様が乗り降りしたかを数字により具体的に把握できますので、乗降実績に応じた便数の設定、車両タイプの選定が可能です。

活用できる製品・サービス

バスロケシステムと連携し、混雑対策に

バスロケシステムと連携し、混雑対策に

混雑しやすい車両、停留所を数字で見える化。混雑が予想される便の本数を増やすことにより混雑対策が可能です。
混雑状況を利用者へ発信できるので、利用分散にもお使いいただけます

※バスロケシステムとの連携は要相談

活用できる製品・サービス

駅の混雑に合わせたオペレーション

駅の混雑に合わせたオペレーション

駅構内にセンサを設置することで構内の混雑しやすいエリア、時間帯を明確にできます。
混雑を事前に予測する事で、警備員の効果的な配置や、シフト作成にご活用いただけます。
また、混雑が予想されるエリア、時間帯データ基に利用者に対し空いているエリアへの誘導が可能です。

活用できる製品・サービス