CASE STUDY導入事例

滞留者数を把握し感染症対策の一助として導入。
混雑状況を表示とアラームで確認し、その後の対策を講じています。

東京ビッグサイト様

滞留者数を把握し感染症対策の一助として導入。混雑状況を表示とアラームで確認し、その後の対策を講じています。

PASSER-Information 混雑モニターを導入
複数エリアの混雑状況を一元管理

総展示面積は115,420㎡と日本一を誇り、年間に約300件の催事が開催され、約1,400万人もの来場者が国内外から訪れます。
16の展示施設の他、24の会議施設を備えており、あらゆるイベントに対応する国内有数のコンベンションセンターです。

複数ホール、広いエリアの混雑状況を人手で把握することは難しく、ホール別の混雑状況を一度に把握できます。
また過去の来場者人数、時間帯の滞留も集計されており、混雑対策の検討が可能です。
コロナ禍の下、不特定多数の来場者様の混雑対策に寄与します。

導入の決め手は・・・リアルタイムで混雑状況が確認ができる

東京ビッグサイト様ではご施設柄、展示会場を複数使用した、様々な組合わせで催事が開催されます。
PASSER-Informationでは、そうした複雑な組合せでも、リアルタイムで数値を確認できるよう対応致します。

一覧へもどる